大規模な土石流が起きた静岡県熱海市では27日、新たに1人の遺体が発見されました。厳しい暑さのなか、28日も捜索活動が続いています。
画像: 厳しい暑さの中の捜索続く…22人死亡、6人が行方不明 静岡・熱海市の土石流災害 28日正午

林輝彦アナウンサー:「晴れ間が出ていて、雲が少し目立つものの朝から強い日差しが地面に降り注いでいます」

 28日朝も、熱海市では警察などによる捜索活動が続いています。きのう27日は、伊豆山の般若院付近で1人の遺体が発見され、警察によりますと遺体は男性だということです。土石流による死者は22人、依然、6人が行方不明となっています。

 熱海市では台風8号の湿った空気の影響で、午後には雷を伴って激しい雨の降るところもありそうです。ただし、日中の気温は31度まで上がる見込みで、きょうも厳しい暑さの中での捜索活動となりそうです。

This article is a sponsored article by
''.