10月に予定される参議院静岡選挙区の補欠選挙に山崎真之輔県議が立候補を表明しました。
参院補選に名乗りを上げたのはこれが初めてです。
画像: 参議院静岡選挙区補選に山崎県議が名乗り youtu.be

参議院静岡選挙区補選に山崎県議が名乗り

youtu.be

● 山崎真之輔県議
「私、山崎真之輔は秋に開催されることになった参議院議員補欠選挙に挑戦する決意を固めた」

浜松市中区選出の山崎真之輔県議(39)は現在3期目で県議会第二会派・ふじのくに県民クラブで先月まで政調会長を務めていました。
会見で山崎県議は、地方でやるべき政策があるとして少子化対策などの仕組み作りを抜本的にやっていくと訴えました。

● 山崎真之輔県議
「自民党の地方創生はことごとく失敗している。地方から日本を良くしていく、その気構えで選挙戦を戦い抜いていく」

山崎県議を支援する動きも加速しています。
28日国民民主党県連が全会一致で推薦を決めたほか、連合静岡もすでに推薦を決めています。
参院補選への出馬表明は、崎県議が1人目で、自民党県連も来月中旬に候補者を決めたいとしています。

This article is a sponsored article by
''.