浜松市で女子中学生を誘拐し、少女の自殺を手助けした罪に問われている男の裁判で、男は改めて「誘拐ではない」と主張しました。
画像: 「自分だけ生き残って申し訳ない」 中学3年女子の自殺を手助けしたとされる男、法廷で遺族に… 静岡地裁浜松支部

 福岡市東区の33歳の無職の男は3月、当時中学3年生の15歳の少女をを浜松市内のコンビニからレンタカーで連れ去り、キャンプ場のテントで睡眠薬と練炭を使い、少女の自殺を手助けした罪に問われています。

 15日の裁判で被告は、「誘惑はしていない」と未成年者誘拐の罪について改めて否認した上で、遺族に対して「自分だけ生き残り申し訳ない。生き残った意味を考えて行きたい」と述べました。

This article is a sponsored article by
''.