手のひらに乗っているのは…生後1週間のレッサーパンダです。8月4日に静岡市の日本平動物園で生まれました。双子でしたが、もう1頭は死産だったということです。
画像: 生後1週間のレッサーパンダ 提供:静岡市立日本平動物園

生後1週間のレッサーパンダ 提供:静岡市立日本平動物園

 赤ちゃんはオスで、生後1週間の時点で、しっぽを除いた体長が18.5センチ、体重は140グラムでした。父親は和、母親はニコで、真っ暗な巣箱で過ごす親子を飼育員が赤外線カメラで見守っている、ということです。

 日本平動物園は全国で飼育されているレッサーパンダの繁殖計画を立てる、いわば司令塔。赤ちゃんの父親の和も去年12月、富山市ファミリーパークから来園しました。

 赤ちゃんは11月ごろに公開予定で、日本平動物園のレッサーパンダは、8頭になりました。

This article is a sponsored article by
''.