東京・港区の白金高輪駅で 男性が硫酸を掛けられ重傷を負った事件で、逮捕された静岡市の男が静岡大学農学部に編入していたことが新たに分かりました。
画像: 硫酸事件の被害者「容疑者と大学の映画研究サークルでトラブル」 容疑者の静岡市の男はその後、静岡大学に編入

 静岡市葵区の25歳の男は24日、白金高輪駅で男性(22)に硫酸を掛け、顔に全治6カ月のやけどを負わせるなどした疑いが持たれています。

 関係者によりますと容疑者は大学3年次に沖縄県の大学から静岡大学に編入し、現在4年生だということです。

 捜査関係者によりますと被害者の男性は以前、容疑者と同じ沖縄県の大学に通っていて「大学の映画研究サークルでトラブルになった」などと説明しているということです。

This article is a sponsored article by
''.