東京パラリンピックの取材カメラマンとみられるスペイン人の男が3日、自転車競技の会場の静岡県小山町の富士スピードウェイ内の売店に忍び込んだなどとして逮捕されました。
画像: 富士スピードウェイ

富士スピードウェイ

 建造物侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕されたのは、スペイン国籍の47歳の自称カメラマンの男です。警察によりますと、容疑者は3日午前8時ごろ、許可証がないと入れないエリアにある営業していない売店に忍び込み、商品を物色した疑いが持たれています。目撃証言などから容疑者が浮上したということです。

 容疑者はオリンピックやパラリンピックの国際映像を制作するオリンピック放送機構のスタッフだと話しているということです。警察は容疑者が容疑を認めているか明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.