静岡県の熱海市議会は、土石流対応費用として上程された総額12億4500万円の 補正予算案を昨夜、 全会一致で承認・可決しました。
画像: 土石流災害対応の補正予算案を全会一致で可決 静岡・熱海市議会 youtu.be

土石流災害対応の補正予算案を全会一致で可決 静岡・熱海市議会

youtu.be

熱海市議会9月定例会に上程された補正予算案には、土石流被害の対応費として、一般会計で2億7600万円余りを盛り込み、およそ3億5900万円が計上されました。
また、発災直後の7月4日に議会を通さず専決処分した補正予算も含めると、土石流対応費用は総額で12億4500万円となっています。
内訳として、ホテルの宿泊代など避難所運営のための経費が4億7300万円余り。
災害廃棄物の処理費がおよそ3億1170万円などとなっています。

This article is a sponsored article by
''.