静岡地検沼津支部に7月に着任した菱沼洋支部長(58)が初めて会見し、抱負を語りました。
画像: 菱沼静岡地検沼津支部長抱負を語る

●菱沼支部長
「更生誠実に職務を行い静岡県警をはじめ関係機関と連携して、事案の真相を解明し、事案の真相に見合った処分・科刑を実現したい」

菱沼支部長は1995年に検察官となり、東京地検や横浜地検での勤務を経て、2020年には仙台地検の次席検事などを務めました。
地検沼津支部への着任は7月19日付で、静岡県の印象について「自然豊かな魚のおいしい観光地」などと話しました。

This article is a sponsored article by
''.