15日にクラスターに認定された静岡県牧之原市にある自動車メーカー・スズキの相良工場では、16日までに79人の感染が判明するなど感染が拡大しています。
画像: スズキ工場のクラスター拡大…79人が感染 静岡・牧之原市 youtu.be

スズキ工場のクラスター拡大…79人が感染 静岡・牧之原市

youtu.be

 相良工場では15日までに従業員58人の感染が確認されていましたが、16日、さらに21人が陽性と判明しました。
 スズキによりますと、相良工場では従業員およそ1700人が勤務していて、四輪車の車体組み立てやエンジンの製造を行っていましたが、いずれも感染者は四輪車の車体組み立て工場で確認されたということです。工場ではマスクの着用やアルコール消毒などの基本的な感染症対策に加え、食事の際には黙食を徹底していたということです。
 スズキはクラスターが確認されたことを受け、16日まで相良工場の操業停止を発表していますが、17日からはPCR検査で陰性を確認するなどして稼働するということです。

This article is a sponsored article by
''.