静岡大学の男性教授が、複数の学生に対して長時間にわたる叱責や差別的な接し方をしたとして懲戒処分されました。
画像: 「やる気があるのか」…長時間叱責 アカデミック・ハラスメントと認定し50代男性教授を出勤停止14日の懲戒処分 静岡大学 youtu.be

「やる気があるのか」…長時間叱責 アカデミック・ハラスメントと認定し50代男性教授を出勤停止14日の懲戒処分 静岡大学

youtu.be

 静岡大学によりますと去年10月、50代の男性教授は授業中に自身の指示に対して、意図と異なる解釈をした学生らに対し、「やる気あるのか」などと長時間にわたって叱責したほか、一部の学生にだけ厳しく接するような差別的な態度をとったということです。

 静岡大学は男性教授の行為がアカデミック・ハラスメントにあたると認定し、16日付で出勤停止14日の懲戒処分としました。男性教授は自身がやったことを認めているということです。

This article is a sponsored article by
''.