リニア中央新幹線工事をめぐり、静岡県の大井川流域市町の首長とJR東海の金子慎社長が18日、静岡市内で初めて意見交換を行いました。

画像: リニア工事巡りJR東海社長が静岡県の大井川流域市町の首長と初めての意見交換 島田市長「説明尽くしてとお願いした」 youtu.be

リニア工事巡りJR東海社長が静岡県の大井川流域市町の首長と初めての意見交換 島田市長「説明尽くしてとお願いした」

youtu.be

 意見交換会は非公開で、流域市町は南アルプスのトンネル工事による大井川の水資源への影響について、改めて、住民に対する十分な説明を求めました。JR側は今後も流域市町との意見交換を続けていきたいとしています。

JR東海 金子慎社長:「こういうスタートをきって、これからまたさらにいろんな意見を聞かせていただいて、私たちからもまたお話することをしていくスタートに立ったということではないかと思います」

静岡県島田市 染谷絹代市長:「中下流域の水の問題、上流部の環境の問題、そうしたことに安心して、これなら大丈夫だと思えるだけの説明を尽くしてもらわなければいけない。この努力をお願いしました」

 リニア新幹線工事をめぐっては、大井川の水問題について、国の有識者会議で議論が続いています。

This article is a sponsored article by
''.