静岡県掛川市の高校生と地元のスーパーがコラボした総菜の販売が19日から始まりました。
画像: 高校生と地元スーパーがコラボした総菜を販売 県産の地鶏や駿河湾のサクラエビを利用 静岡・掛川市 youtu.be

高校生と地元スーパーがコラボした総菜を販売 県産の地鶏や駿河湾のサクラエビを利用 静岡・掛川市

youtu.be

 19日から販売を開始したのは、静岡県産の地鶏を使った「大地のハーブ鶏」と駿河湾で獲れたサクラエビを入れた「さわやか掛西海鮮サラダ」の2種類の惣菜です。掛川西高校の食物研究部とフードマーケット・サンゼンが共同で開発したもので、地元食材を活用しているのが特徴です。

掛川西高校食物研究部員:「老若男女の皆様においしく食べて頂けるようにする事と、地元の物を知っていただけるようにしました」

This article is a sponsored article by
''.