3連休中日の19日、静岡県警は新東名高速で、バイクに乗る人に安全運転を呼び掛けました。
画像: 「胸部プロテクター着用を…」バイク運転手に安全運転呼び掛け 静岡市 youtu.be

「胸部プロテクター着用を…」バイク運転手に安全運転呼び掛け 静岡市

youtu.be

警察呼びかけ
「胸部ですね。胸部が命を守る一番大事なところになるので装着をお願いします」

 静岡市の新東名高速の清水パーキングエリアでは、警察がバイクに乗る人に対し、胸部プロテクターの着用を呼びかけました。

 新東名高速では9月、バイクの死亡事故が相次いで2件発生しています。県警高速隊によりますと、過去5年間に県内の高速道路上で発生したバイクの死亡事故5件は、いずれもプロテクターを着用していなかったということです。

県警高速隊 大坪雄次企画隊長補佐:「秋の行楽シーズンに入って非常に二輪車が走りやすい時期になってきているが、胸部プロテクター、ヘルメットを正しく着用して、安全な走行を心がけるようお願いします」

This article is a sponsored article by
''.