静岡市駿河区の日本平動物園で8月、レッサーパンダの赤ちゃんが生まれ、すくすくと育っています。
画像: レッサーパンダの聖地「日本平動物園」 赤ちゃんレッサーパンダすくすく育ってます 静岡市

 8月4日に出産したのは4歳のメス「ニコ」で、父親の「和(かず)2歳」との間に 初めてできた子どもです。生まれて間もないころのオスの赤ちゃんは、人間の手にすっぽりとはまる大きさでしたが、14日には体長31センチ、体重は700グラムになったということです。子育ては、母親を刺激しないよう真っ暗な巣箱の中で行われていて、順調に育てば11月頃に一般公開されるということです。
 日本平動物園は「レッサーパンダの聖地」として知られ、これまでおよそ30頭の赤ちゃんが誕生しています。

This article is a sponsored article by
''.