静岡県熱海市の土石流災害現場で25日、作業中だった男性が重機とともに転落し、意識不明になっていた事故で、男性の死亡が確認されました。
画像: 静岡・熱海市の土石流災害現場 7月

静岡・熱海市の土石流災害現場 7月

 静岡県警の発表によりますと、亡くなったのは神奈川県小田原市の51歳の建設作業員の男性です。男性は25日午後4時ごろ、熱海市伊豆山の逢初橋の近くで土砂の搬出作業中、重機とともに逢初川に転落した、ということです。
 地元の消防によりますと、重機は重さ800キロほどあるショベルカーで、3メートルほど落下したものとみられる、ということです。
 熱海市では7月3日に大規模な土石流が発生し、26人が死亡、いまだ1人の行方が分からず、捜索などが続いています。

This article is a sponsored article by
''.