静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社では、七五三参りのシーズンを前に、笹に千歳飴と絵馬、お守りを結び付ける作業が巫女の手で進められています。
画像: 七五三参りの準備進む 巫女長「すくすく成長するようにという気持ちで作っています」 静岡・富士宮市 富士山本宮浅間大社 youtu.be

七五三参りの準備進む 巫女長「すくすく成長するようにという気持ちで作っています」 静岡・富士宮市 富士山本宮浅間大社

youtu.be

巫女長 塩川佳穂さん:「(千歳飴を)授けていただき、すくすく成長するようにという気持ちで作っています」

 大社では感染症対策のため、分散参拝を呼び掛けていることから、去年に引き続き、例年より半月ほど早く作業を始めました。千歳飴は2500セット用意するということです。

This article is a sponsored article by
''.