東京パラリンピック・車いすバスケットボールで銀メダルを獲得した藤本怜央選手に出身地の静岡県島田市から市民栄誉賞が贈られました。
画像: 東京パラリンピックで銀メダル 車いすバスケの藤本怜央選手に市民栄誉賞 静岡・島田市 youtu.be

東京パラリンピックで銀メダル 車いすバスケの藤本怜央選手に市民栄誉賞 静岡・島田市

youtu.be

藤本選手はアテネ大会から5大会連続でパラリンピックに出場し、リオ大会ではキャプテンを務めるなど長年にわたり大黒柱として日本代表をけん引してきました。
藤本選手は現在、ドイツを主戦にプレーしているため、市民栄誉賞授与式はオンラインで行われました。
授与式で染谷絹代市長は「オリパラを通じて島田市初のメダリスト
という功績は市民に明るい夢と希望を与えました」と藤本選手の活躍を称え、父親の藤本泰年さんに賞状を贈りました。
藤本選手は「覚悟を決めて出場し、競技人生のなかでひとつの宝となった大会でした」と語り受賞を喜んでいました。

This article is a sponsored article by
''.