土石流の影響で通行規制が続いていた静岡県熱海市伊豆山地区の市道が、11日午前10時に解除されました。
画像: 3カ月ぶりに通行規制解除 土石流災害があった静岡・熱海市 youtu.be

3カ月ぶりに通行規制解除 土石流災害があった静岡・熱海市

youtu.be

 通行規制が解除されたのは伊豆山地区の「市道伊豆山神社線」の岸谷バス停から仲道バス停の間です。9月1日から路線バスが臨時運行していましたが、一般車両も通れるようになりました。

 熱海市によりますと、土砂の搬出作業は続けられますが、トラックの台数が減っていることなどから、規制の解除を決めたということです。

 一方で、連続雨量が100ミリ以上となった場合や、時間雨量10ミリ以上が3時間続いた場合などには通行止めになる可能性があるということです。

This article is a sponsored article by
''.