静岡県藤枝市の警察官舎で、女性警察官の部屋のベランダに侵入したとして隣の部屋に住む26歳の警察官の男が逮捕されました。
画像: 静岡県警本部

静岡県警本部

 住居侵入の疑いで逮捕されたのは、島田警察署の26歳の巡査長です。巡査長は11日午後10時半ごろ、藤枝市の警察官舎で隣の部屋に住む20代の女性警察官の部屋のベランダに侵入した疑いが持たれています。被害者の女性から警察に通報があり、隣の部屋に住む巡査長を事情聴取する中で、関与が発覚しました。
 巡査長は容疑を認めていて、警察の調べに対し「酒を飲んでいた」などと供述しているということです。
 2人は過去に同じ業務を担当していて、現在は別々の警察署に勤務しています。
 職員の逮捕を受け静岡県警の高橋誠首席監察官は「警察官として言語道断であり、厳正に処分いたします」とコメントしています。

This article is a sponsored article by
''.