熱海市で発生した土石流災害で被害を受けた小規模事業者を支援するため、15日静岡県と経済産業省は補助金制度についての説明会を開きました。
画像: 土石流災害で被害を受けた中小事業者を救済 補助金制度の説明会を開催 静岡・熱海市 youtu.be

土石流災害で被害を受けた中小事業者を救済 補助金制度の説明会を開催 静岡・熱海市

youtu.be

説明会には 土石流災害で被災した伊豆山地区の36の事業者40人が参加し、県や中小企業庁などから補助金の制度について説明を受けました。
今回補助金の対象となるのは被害を受けた施設の修繕・建設費、
移転経費や撤去費などで、限度額は7500万円となっています。

〇店が被災したクリーニング店の女性
「3ヵ月、4ヵ月も仕事が出来ないような状況なのに、自分の保険でやらなくちゃならない。役所を通じてもっと早く(補助金制度を)教えていただければ」

This article is a sponsored article by
''.