プロ野球ドラフト会議で、楽天イーグルスから3位で指名された三島南高校の前田銀治選手のもとに20日、球団関係者が指名あいさつに訪れました。
画像: 「3年目から楽天の優勝に貢献したい」…ドラフト3位指名の前田銀治選手(静岡・三島南高) 楽天が指名あいさつに

  三島南高校を訪れたのは、楽天の後関昌彦スカウト部長ら3人で、前田選手は稲木恵介監督とともに校舎の前で関係者を出迎えました。

 前田選手は11日に行われたドラフト会議で楽天から3位で指名され、「日本を代表するホームランバッターになりたい』と入団に前向きな姿勢を示していました。

 20日、関係者から『将来像が描ける選手』だと声を掛けられた前田選手はプロ野球選手としての抱負を語りました。

前田銀治選手:「いろいろな思いを持って僕のことを指名してくれたということで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。1、2年目はしっかり焦らず練習をして、3年目から楽天の優勝に貢献できるような選手になりたいです」

楽天イーグルス 部坂俊之スカウト:「3位でしか取れないと思っていた。走攻守全てそろっていまして、僕は将来的にはトリプル3(本塁打・打点・盗塁全て30以上)を目指せる選手だと思って指名させていただきました」

 会見後、楽天・石井一久監督のサインが入ったドラフト会議の関係者パスをプレゼントされ、笑顔を見せた前田選手。今後、仮契約を経て、仙台での新入団発表会見に臨みます。

This article is a sponsored article by
''.