高橋諒記者
「土石流現場から最も近くにある伊豆山小学校です。こちらの小学校はおよそ、四カ月ぶりに授業が再開されます。」
画像: 4カ月ぶりに授業再開 土石流現場から最近隣の伊豆山小学校 静岡・熱海市

 熱海市の伊豆山小学校は復旧作業の影響で通学が難しいとして53人の児童がおよそ6キロ離れた泉小中学校で2学期から、授業を受けています。

 熱海市によりますと当初、2学期の間は泉小中学校で授業を続ける予定でしたが、主要な生活道路の一般車両の通行が可能になるなど復旧作業が落ち着き通学に問題がなくなったとして、来月1日から元の校舎での授業を再開することになりました。

 泉小中学校では1つの教室で2つの学年が別の授業を行うなど、不便な面も多く児童や教職員から早期の再開を望む声が寄せられていたということです。

 29日にPTAの役員らが校舎の清掃や点検、通学路の安全点検を行い来月1日の再開に備えることになっています。

This article is a sponsored article by
''.