浜松市の鈴木康友市長は、26日の会見で参院静岡補選に言及しました。
初当選した山崎真之輔氏はかつて、鈴木市長の衆議院議員時代に秘書を務めていました。
画像: 鈴木康友・浜松市長「愛弟子当選良かったが、衆院選への影響は少ない」 参院静岡補選に言及

浜松市・鈴木康友市長:「本当に私にとっては愛弟子であるので、山崎さんが当選したことは率直に良かったと思う。一方、対抗馬だった若林さんも市長時代から同志として、色々一緒に活動した仲間でありますので、私にとって本当に悩ましい選挙であったが、本選は来年なので本選に向けて若林さんも頑張っていただきたい」

自民党の若林氏は、来年夏の参院選に再挑戦したい意向を示しています。

また鈴木市長は、今回の結果が衆院選に与える影響は限定的との見方を示しました。

浜松市・鈴木康友市長:「知事が一生懸命やったというのはかなり大きかったと、その影響も指摘されているので、どちらかと言うと、静岡県の特殊な状況によるのではないかなと思うので、総選挙への影響は直接響くことは無いのではないか。単純には影響は少ないのではないかというふうに感じている」

This article is a sponsored article by
''.