静岡県焼津市で冷凍カツオを盗んだとして漁協職員ら7人が逮捕された事件で、およそ10年前から同様の被害が確認されていたことが漁協関係者への取材で分かりました。
画像: 10年前から同様の被害確認…長年にわたり盗んだか 漁協職員らによるカツオ窃盗事件 静岡・焼津市

 水産加工会社元役員(47)と焼津漁協職員(40)ら6人は2月、焼津漁港で冷凍カツオおよそ4,5トンを盗んだ疑いが持たれています。また、焼津漁協元職員(30)も4月の窃盗事件に共謀した疑いで逮捕されました。

 漁協関係者によりますと、カツオが盗まれる被害はおよそ10年前から確認されていたということです。警察は漁協職員が入れ替わりながら、長年にわたって窃盗を行い、水産加工会社から報酬を受け取っていたとみて捜査しています。

This article is a sponsored article by
''.