衆院選静岡6区は、自民党・前職の勝俣孝明氏が当選を決めました。
画像: 勝俣孝明氏

勝俣孝明氏

小選挙区では初めての勝利です。  

勝俣氏は、選挙区内の熱海市で7月に起きた土石流災害を踏まえて、災害に強いまちづくりなどを訴え、支持を広げてきました。前回4年前はわずか631票差で敗れましたが、今回初めて小選挙区で勝利しました。

立憲民主党の渡辺周氏は、初当選した1996年以降、守り続けてきた小選挙区の議席を初めて奪われました。

維新の山下洸棋氏は、今年8月に立候補を表明しましたが、知名度の高い前職2人に巻き返しはなりませんでした。

静岡6区の候補者は以下の通りです。   

画像: 静岡6区

静岡6区

自民・前 勝俣孝明氏
立憲・前 渡辺周氏
維新・新 山下洸棋氏

This article is a sponsored article by
''.