7月に静岡県熱海市で起きた土石流災害で、熱海市議会は災害の原因究明のための調査を行う特別委員会の設置を決めました。
画像: 「伊豆山土石流災害に関する調査特別委員会」設置 静岡・熱海市議会 youtu.be

「伊豆山土石流災害に関する調査特別委員会」設置 静岡・熱海市議会

youtu.be

熱海市議会は5日の本会議で、地方自治法100条の規定により土石流災害の原因究明の調査を行う「伊豆山土石流災害に関する調査特別委員会」の設置を満場一致で可決しました。

市議15人全員が委員となり、伊豆山を流れる逢初川の上流部に造成された盛り土について、市が適切に対処したか調査します。

石流災害ではこの盛り土が被害を甚大化させたとみられていて、県警は盛り土を造成した神奈川県小田原市の前の土地所有者の関係先などに先月、強制捜査に入っています。

This article is a sponsored article by
''.