静岡県掛川市で、盗んだトラックでパトカーに衝突した罪に問われている男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めました。
画像: 地裁浜松支部

地裁浜松支部

起訴状などによりますと、広島市の54歳の無職の男は9月、広島県福山市の運送会社の駐車場からトラック1台、時価500万円相当を盗み、その後、掛川市で運転していたトラックを捜査車両に衝突させ、警察官の職務を妨害した罪などに問われています。

午前、地裁浜松支部で始まった初公判で、男は「間違いありません」と起訴内容を全面的に認めました。

裁判は即日結審し、検察は懲役2年6カ月を求刑しました。

This article is a sponsored article by
''.