静岡県沼津市の沼津駅高架化事業の調査に伴い発見された上原遺跡の現場見学会が開かれました。
画像: 1400年前の住居跡や2000年前の墳墓など公開 静岡・沼津市上原遺跡 youtu.be

1400年前の住居跡や2000年前の墳墓など公開 静岡・沼津市上原遺跡

youtu.be

上原遺跡は沼津駅鉄道高架事業の2018年度に行われた試掘調査で発見されました。
これまでの県埋蔵文化センターによる調査で、古墳時代の住居跡や弥生時代の土器などが発掘されています。
20日は地元住民ら50人余りが参加して現地で見学会が開かれ、約1400年前の古墳時代後期の竪穴式住居跡や、約2000年前の弥生時代中期の墓などが紹介されました。
遺跡は高架化事業に伴って作られる新しい貨物ターミナル用地で、調査の後埋め戻されることになります。

This article is a sponsored article by
''.