J2優勝に王手をかけているジュビロは、アウェーで群馬と対戦しました。
画像: 歓喜のジュビロの選手たち

歓喜のジュビロの選手たち

 勝てば無条件、引き分けでも2位・京都の結果次第でJ2優勝が決まるジュビロは、アウェーで群馬との対戦です。

 最初のチャンスはジュビロ。前半13分、フリーキックから遠藤のクロスのこぼれ球に今野が反応しますが、枠をとらえられません。

 さらに21分には大津がダイレクトボレー。積極的に相手ゴールに迫ります。

 37分に群馬に中央を崩され、シュートを放たれますが、キーパー三浦がビッグセーブ。今シーズン、何度もチームを救ってきたジュビロの守護神が得点を許しません

 その後も両チーム譲らず、0対0で試合を折り返します。後半も攻めるジュビロですが、群馬の体を張ったディフェンスに苦しみ、得点を奪えません

 最後まで得点を奪えず、ドローとなったジュビロ。

 それでも2位の京都が引き分けたため、J2優勝を決めました。

【結果】群馬 0-0 磐田

大井健太郎選手:「結果という形で恩返しができて、本当に良かった。(最後)勝って終われるようにしたい」

 ジュビロはJ2チャンピオンとして、来シーズンJ1に乗り込みます。

This article is a sponsored article by
''.