中部電力はマグニチュード9クラスの地震が起きた場合、浜岡原発の防波壁を越える津波がくる可能性があるとする新たな想定を次の審査会合で示す方針です。

- YouTube

youtu.be

 中部電力によりますと、御前崎市にある浜岡原発の津波対策は、これまでマグニチュード8や9クラスの地震が起きた場合、津波の高さを最大で20・3メートルと想定し、原発の建物内への浸水を防ぐ対策や高台への電源設備の配備などを進めてきました。

 しかし、国内外でマグニチュード9クラスの地震による津波の発生例が少なく、予想しにくいことなどから、プレートの動きなどを以前よりも厳しい条件にして再度、解析をしたということです。

 その結果、マグニチュード9クラスの地震が発生した場合、浜岡原発に建設されている防波壁の高さ22メートルを上回る最大22・5メートルの津波が発生する可能性があることが分かりました。

 中部電力は原子力規制委員会の次回の審査会合で新たな想定を示し、委員会が算出方法の妥当性などを判断するものとみられます。

This article is a sponsored article by
''.