新型コロナワクチンの3回目の接種が、医療従事者を対象に静岡県内でも1日から始まりました。一方、新たな変異株は年明け以降にも広がる可能性が指摘されています。
画像: 医療従事者を対象に3回目の接種始まる オミクロン株対策にも期待 静岡県 youtu.be

医療従事者を対象に3回目の接種始まる オミクロン株対策にも期待 静岡県

youtu.be

 浜松市の聖隷三方原病院でも、1日午前10時すぎから接種が始まりました。

ワクチン接種
「ちょっと、ちくっとしますよ。痛みしびれないですか?」

 接種に使用されたのはファイザー製のワクチン。1日は午前のみ行い、およそ200人が接種しました。聖隷三方原病院では、12月中に職員2000人全員が接種を終える見通しです。

聖隷三方原病院 荻野和功病院長:「やはり現場を守る職員にできるだけ免疫力をつけた状態で、現場で医療してほしい。このように願っていますので、3回目と続いたことを非常にうれしく思います」

 医療現場では第6波を見越して、追加接種の必要性を感じているようです。

接種した医療従事者
「ワクチンを打って免疫をつけていくことで、第6波に備えていつでも対応できるなと安心感はあります」

 2回目の接種から原則8カ月経過した人が対象となる3回目の追加接種。県内では医療従事者への接種が来年3月ごろまでに完了、高齢者は来年1月から始まり、2月ごろにも本格化する見込みです。

 静岡県によりますと、来年3月までに静岡県に配分される67万人分のワクチンのうち、46万6000人分がモデルナ製。2回目までの接種実績と照らすと、県内で20万人ほどは交差接種が必要になります。

 静岡市の市立静岡病院でも1日から接種が始まりました。来月21日までに職員のうち、希望者およそ1600人が接種する見通しです。

 ただ、気がかりなのは新しい変異ウイルス「オミクロン株」です。ワクチンが有効かどうかについてもまだ十分なデータは得られていませんが、3回目接種に対する期待感は変わらないようです。

静岡市立静岡病院 小野寺知哉病院長
「オミクロン株については、実際どのようなものかは全く分かっていない。ただ、ワクチン自体はやはり効果はあると思っている。私の希望としてはとにかく重症化率が低い、悪くならない株であってほしい」

This article is a sponsored article by
''.