国内2例目となるオミクロン株の感染者と同じ飛行機に乗っていた人が、静岡県内に6人いることがわかりました。
画像: 静岡県庁

静岡県庁

1日午後、厚生労働省は先月27日に成田空港に到着した20代の男性が、オミクロン株に感染していたと発表しました。国内では2例目の感染者です。男性はペルーに滞在していて、入国時は無症状でしたが、その後発熱などの症状が確認されたということです。
 静岡県は2日、この男性と同じ飛行機に静岡県の6人が乗っていたことを明らかにしました。入国時の検査では陰性だったということです。県は濃厚接触者として対応し、2日に1回の目安で検査を続ける、ということです。

This article is a sponsored article by
''.