静岡県南伊豆町の石廊崎漁港と下流(したる)漁港の2カ所で2日、海底火山の噴火により発生したとみられる軽石の漂着が確認されたことを受け、静岡県が県内すべての港湾(15港湾・48漁港)を調べたところ、3日午前10時の時点で新たに4カ所で軽石の漂着が確認されました。静岡県が発表しました。
画像: 静岡県庁

静岡県庁

 新たに軽石が確認されたのは、松崎町の松崎港、雲見漁港、岩地漁港と伊豆市の土肥港で、いずれも少量の軽石が浮かんでいたり、海岸に漂着していたりしたということです。
 静岡県はオイルフェンスを設置する準備を進めるなどの対策をとっています。

This article is a sponsored article by
''.