露天風呂に入った女性を盗撮したとしたとして、県警は男3人を逮捕・送検しました。県内を含め全国で組織的に繰り返していたとみられています。
画像: 【逮捕・送検 露天風呂盗撮マニアグループ3人】 迷彩柄布でカモフラージュ 高性能機材使い静岡県内を含む全国で盗撮か youtu.be

【逮捕・送検 露天風呂盗撮マニアグループ3人】 迷彩柄布でカモフラージュ 高性能機材使い静岡県内を含む全国で盗撮か

youtu.be

 盗撮の疑いで逮捕・送検されたのは、茨城県の無職の男(49)、鹿児島県職員の男(40)、岡山県の無職の男(32)です。

 3人は9月下旬、兵庫県内で露天風呂に入浴中の女性を望遠レンズをつけたビデオカメラで撮影した疑いが持たれています。

画像1: 【逮捕・送検 露天風呂盗撮マニアグループ3人】 迷彩柄布でカモフラージュ 高性能機材使い静岡県内を含む全国で盗撮か

 10月、容疑者の1人が藤枝市内で、正当な理由がなく刃渡り6センチ以上ののこぎりを持ち歩いたとして現行犯逮捕され、押収品などを捜査する中で今回の事件が発覚しました。のこぎりを持っていた目的というのが……。

原川朋華記者:「男らはこちらののこぎりで木や枝を伐採し、その場で迷彩柄の服を着て隠れて撮影していたということです」

画像2: 【逮捕・送検 露天風呂盗撮マニアグループ3人】 迷彩柄布でカモフラージュ 高性能機材使い静岡県内を含む全国で盗撮か

 警察によりますと、3人は露天風呂からおよそ100メートル離れた木々に囲まれた場所で、迷彩柄の布をまとって自分たちの身をカモフラージュした上で高性能の機材を使うなど、被害者が気付くことさえできないような手段で盗撮に及んだとみられます。

 警察は茨城県の無職の男を中心とした露天風呂の盗撮マニアグループが、県内を含む全国で同様の事件を繰り返していたとみて追及する方針です。

 警察は3人が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.