静岡県の焼津漁港でのカツオ窃盗事件をめぐり、神奈川県の運送会社が別の窃盗に関与した疑いが強まり、警察が家宅捜索に入ったことが分かりました。
画像: 新たなカツオ窃盗事件発覚か? 監視カメラに窃盗シーンが… 神奈川県の運送会社に疑い 静岡・焼津市

 焼津のカツオ窃盗事件では、別の船会社が水揚げした冷凍カツオを運送会社と共謀して盗んだとして焼津漁協職員の男(40)らが逮捕・起訴されています。

 関係者によりますと、この事件とは別に、神奈川県に本社を置く運送会社が焼津漁港から冷凍カツオを盗んだ疑いがあることが分かりました。

 一連の事件が発覚する前、焼津漁港には盗難対策のために監視カメラが設置されていて、その映像に窃盗しているとみられる様子が残っていたということです。

 警察は、この運送会社が冷凍カツオを運んでいたとみられる焼津市内の冷凍倉庫を所有する会社を家宅捜索するなど、組織的な関与がなかったか捜査しています。

This article is a sponsored article by
''.