窃盗や交付金の私的流用などの不正を行ったとして、静岡市の職員や消防団員が懲戒免職の処分を受けました。
画像: 静岡市が2人を懲戒免職 愛知・東海市役所で現金盗んだ罪で起訴の職員と交付金110万円私的流用の消防団員 youtu.be

静岡市が2人を懲戒免職 愛知・東海市役所で現金盗んだ罪で起訴の職員と交付金110万円私的流用の消防団員

youtu.be

 懲戒免職となったのは、静岡市市民局井川支所の26歳の主任技師で、10月に愛知県の東海市役所で現金や手袋などを盗んだとして、すでに逮捕・起訴され、静岡市の聞き取りにも窃盗を認めているということです。

 また、静岡市消防団の40代の男性団員も、交付金およそ110万円を消防団の口座から引き出し、私的に使ったとして、懲戒免職になりました。すでに全額が弁済され、市は刑事告訴はしない方針です。

This article is a sponsored article by
''.