静岡県は、熱海市の土石流災害で警戒区域内に住宅があり、避難生活を続ける82世帯を長期避難世帯に認定し、生活再建に向けた支援金を支給すると発表しました。
画像: 82世帯を長期避難世帯に認定…全壊同等の支援金を支給へ 1年以上自宅に戻れず 静岡・熱海市の土石流災害 youtu.be

82世帯を長期避難世帯に認定…全壊同等の支援金を支給へ 1年以上自宅に戻れず 静岡・熱海市の土石流災害

youtu.be

 長期避難世帯に認定されたのは、土石流災害で1年以上自宅に戻ることが難しい見込みの82世帯です。県によりますと、認定により全壊した世帯と同等の支援金を受けることができ、これまでは国の支援金が支給されなかった半壊未満の世帯にも生活再建のための支援金が最大300万円支給されるということです。

 支援金は早ければ、来年1月末から今年度末までに対象となる世帯に支給される見込みです。

This article is a sponsored article by
''.