東シナ海を東に進む低気圧の影響で、静岡市内でも午前、雪が舞う様子が見られました。気象台は路面の凍結などに注意を呼び掛けています。
画像: 寒い朝…珍しい?静岡駅前でも雪 低気圧の影響7日朝まで 路面凍結に注意 youtu.be

寒い朝…珍しい?静岡駅前でも雪 低気圧の影響7日朝まで 路面凍結に注意

youtu.be

林輝彦アナウンサー:「午前9時過ぎの静岡市内です。先ほどから雪がちらちらと舞い始めました」

 午前9時ごろの静岡市葵区の様子です。パラパラと雪が舞う様子が確認できます。午前10時ごろのJR静岡駅前では…。

原川朋華記者:「午前8時半ごろから断続的に雪が降っています。街の人の中には雪に慣れないためか傘を広げたり閉じたりしている人もみられます」

80年間静岡市民(80代):「20何年前に雪らしい雪は降ったけども、ほとんど経験ありません。ただ自分としては雪の降っているところは大変だな、という気持ちの方が強い」

静岡市民(11歳と40代親子):「すごくきれいだなって、何だろうと思っていたら雨じゃなくて雪だったからびっくりした」

静岡市民(20代)「久しぶりに見る雪なのでたまにはいいかなと」

静岡地方気象台によりますと、東シナ海を東に進む前線を伴った低気圧の影響で県内でも雪が降り、夕方にかけて山地を中心に積もるところもある見込みです。7日朝6時までの24時間で予想される降雪量は伊豆の山地で5センチ、中部・西部・東部の山地で2センチ、東部・伊豆の平地で1センチとなっています。

気象台は交通障害や路面の凍結に注意を呼び掛けています。

This article is a sponsored article by
''.