J1清水エスパルスはきょう新体制を発表。新加入の選手たちが今シーズンの決意を語りました。
画像1: 課題の得点力アップへ 清水エスパルスが新体制を発表 白崎、神谷ら8人の新戦力に期待

午後2時からエスパルスのホームIAIスタジアムで行われた新体制発表。8人の新戦力が会見に臨みました。 課題の得点力アップへ!最大の注目は4年ぶりの復帰を決めた、ミッドフィルダー白崎凌兵選手です。

白崎凌兵選手:「元々在籍していたこともあって、鹿島と鳥栖を経験して自分の力をもう一回エスパルスで発揮したいという思いはあった」

画像2: 課題の得点力アップへ 清水エスパルスが新体制を発表 白崎、神谷ら8人の新戦力に期待

 また即戦力として昨シーズン徳島で5ゴールを挙げた攻撃的なディフェンスの岸本武流選手や、柏のミッドフィルダー神谷優太選手も加入。

神谷優太選手:「僕の役目は攻撃を活性化させること、ゴールとアシストをとることが明確なところだと思うので、そういうところを意識していきたい」

画像3: 課題の得点力アップへ 清水エスパルスが新体制を発表 白崎、神谷ら8人の新戦力に期待

 さらに昨シーズン筑波大学に在学しながら、すでにリーグ戦デビューを果たしJ1残留に貢献したディフェンダー・山原怜音選手にもさらなる期待が掛かります。

山原怜音選手:「球際を強くいく事だったり、最後まで粘り強く戦うところ、そういう気持ちも含めて、アグレッシブさが重要になってくるかなと思っています」

画像4: 課題の得点力アップへ 清水エスパルスが新体制を発表 白崎、神谷ら8人の新戦力に期待

 また高校生の年代では、全国高校サッカー選手権ベスト8の静岡学園からミッドフィルダーの川谷凪選手や、エスパルスユース出身のフォワード・千葉寛汰選手もトップチームに。千葉選手は高校サッカー選手権の優勝校・青森山田との公式戦で3ゴールを決めるなど、この世代屈指との呼び声も高い注目のストライカーです。

千葉寛汰選手:「僕はフォワードの中で一番下からのスタートになると思いますが、しっかりアピールして開幕スタメン狙っていけるように練習から取り組んでいきたい」

画像5: 課題の得点力アップへ 清水エスパルスが新体制を発表 白崎、神谷ら8人の新戦力に期待

 昨シーズンは、大型補強をしながらも残留争いに苦しんだエスパルス。平岡監督のもと、あすからチームが始動、28日からは鹿児島キャンプに臨みます。

This article is a sponsored article by
''.