強制わいせつや盗撮の罪などに問われた元静岡県富士宮市の市議会議員の男について、静岡地裁沼津支部は懲役2年4カ月の判決を言い渡しました。
画像: 「幼い女児を性欲のはけ口に…」 強制わいせつなどの罪で元富士宮市議に実刑判決 静岡地裁沼津支部

 判決によりますと、41歳の元富士宮市議会議員の男は2018年2月ころ、県東部地区で小学生の女子に対し、わいせつな行為をしたほか、去年9月に当時8歳の女子児童のスカートの中を盗撮しました。

 12日の公判で地裁沼津支部の前沢久美子裁判官は「市議の立場を利用し、幼い女児を性欲のはけ口にした身勝手な犯行で責任は重い」として、懲役3年6カ月の求刑に対し、懲役2年4カ月の判決を言い渡しました。

This article is a sponsored article by
''.