ジェンダー平等や多様性を尊重しようという時代の流れが制服にも広がっています。静岡市の高校では新しい制服を決める投票を実施中。エントリーされているのは性別にとらわれないタイプです。
画像: 県立静岡東高校の新制服は投票で決定 「ジェンダー平等」「多様性尊重」 スラックスorスカート自由に選択 HPから誰でも投票可能(14日まで) youtu.be

県立静岡東高校の新制服は投票で決定 「ジェンダー平等」「多様性尊重」 スラックスorスカート自由に選択 HPから誰でも投票可能(14日まで)

youtu.be

創立60年、初の制服刷新

 静岡市葵区にある静岡県立静岡東高校。4月に創立60年を迎えます。それを機に、学校の象徴とも言える「制服」を決める投票が行われています。制服の刷新は創立以来はじめて。しかも、生徒だけでなく学校のホームページから誰でも投票することができるのです。

静岡東高        
鈴木伸彦校長:「この制服60年間変えていませんのでこの制服を変えないでほしいという意見もあったことも事実です。地域に根ざした学校ということで幅広く市民の方や小中学生、皆さんの意見を聞きたい」

画像: 創立60年、初の制服刷新

個性的な4タイプ

エントリーされているのは4種類。

【タイプA】
1つ目はチャコールグレーの洗練されたデザイン。軽やかなチェック柄のスカートが特徴です。

【タイプB】
続いてこちらは、ブラックのジャケットが特徴で、知的でシャープな印象を与えます。鮮やかな赤いネクタイがよく映えています。

【タイプC】
3つ目は落ち着いたグレーです。胸元にはスマートな白いラインが。

【タイプD】
最後はボタンが2列あるダブルブレザータイプ。紺色のネクタイでスタイリッシュな印象です。

性別にとらわれない制服を…

どのタイプか決まった後も、スカートかスラックスか生徒たちは1人1人、自由に組み合わせを選択できるといいます。

静岡東高        
鈴木伸彦校長:「すべてこの4案はスラックス、スカートについて自由に選択することができる、そういうことで4案を作った」

 こうした性別にとらわれない制服を採用する動きは、県内でも少しづつ広がっています。県教育委員会によりますと、県立高校88校のうち18校ではすでに生徒自身がスカートやスラックスなど好きな制服を選ぶことができ、さらに20校がこの選択制の導入を検討しています。

画像: 性別にとらわれない制服を…

生徒たちの反応は上々

枠にとらわれない新しい制服案に生徒たちは…。

タイプBに投票     
上田日和さん(2年):「私もたまにアニメとか見てそういうキャラクターがいたときとか、冬場とかすごい寒いのでそういう時スラックス履いてみたいなと思うことがあったりするので、とてもいいと思いました」

タイプCに投票    
永津智明さん(2年):「ネクタイと制服の色合いが僕は好みでとてもいいなと。女子もいろいろ選べて幅が広がるということがすごくよくなったと思います」

タイプDに投票  
堀江真央さん2年:「スカートとズボンを両方選べるということで制服のこととかで悩みがある人も静岡東高を選んで来てくれるのではないかなと思います」

新しく選ばれた制服は再来年度入学する生徒から着用されます。静岡東高校では14日まで投票を受け付けています。

画像: 生徒たちの反応は上々

This article is a sponsored article by
''.