去年7月に静岡県熱海市で発生した土石流の原因究明をめぐり、熱海市議会のいわゆる百条委員会の求めに応じて、県は公文書の黒塗り部分の情報を一部提供しました。
画像: 公文書の黒塗り部分の情報を一部提供…百条委の求めに応じ静岡県 熱海市の土石流災害 youtu.be

公文書の黒塗り部分の情報を一部提供…百条委の求めに応じ静岡県 熱海市の土石流災害

youtu.be

 土石流の発生原因などを追及する百条委員会は、参考人や証人を呼ぶために盛り土の造成に関わった事業者などの情報が必要だとして、去年12月、県と熱海市に公文書の黒塗りになっている部分の情報を明らかにするよう要請していました。

 これに対して県は、盛り土の現在と前の土地所有者に関することなど、
一部を情報提供することを決め、13日に市議会に発送したということです。

This article is a sponsored article by
''.