静岡県熱海市で発生した土石流災害の被災者に対して、復旧工事に関する県の説明会が開かれました。
画像: 崩壊した河川の復旧工事に関する説明会開催 参加者「原因が究明できていないのに復旧・復興の話をされても…」 静岡・熱海市土石流災害 youtu.be

崩壊した河川の復旧工事に関する説明会開催 参加者「原因が究明できていないのに復旧・復興の話をされても…」 静岡・熱海市土石流災害

youtu.be

 熱海市伊豆山で13日夜開かれた説明会には、土石流の被害を受けた岸谷地区の住民およそ50人が参加しました。

 この中で県熱海土木事務所から復旧工事について、逢初川の上・下流部の崩壊したコンクリート壁を3月をめどに修復させ、大雨にも耐えられるよう川幅を広げる計画などが説明されました。

 一方、参加者からは復旧の前に原因究明を求める声も聞かれました。

参加者:「なぜこうなったか最初の原因が究明できていないのに復旧・復興の話をされても心の整理ができない」

This article is a sponsored article by
''.