静岡市と静岡・浜松両政令市の新型コロナ関連の15日の主な発表は以下の通りです。
画像1: 【新型コロナ 静岡】浜松市2日連続最多更新170人 静岡市が23人のオミクロン株感染を発表…9人は経路不明 1月15日まとめ

【新規感染者】488人

 浜松市170人、静岡市77人、富士市33人、焼津市22人、沼津市21人、富士宮市20人、藤枝市17人、磐田市15人、御殿場市14人、島田市13人、熱海市、伊東市各10人、三島市、袋井市各9人、裾野市、掛川市各7人、清水町、菊川市各6人、小山町5人、長泉町、県外各4人、伊豆の国市、御前崎市、湖西市各2人、伊豆市、函南町、牧之原市各1人

【クラスター】
新規クラスターはありません。

すでに発表されたクラスター関連では
静岡市 ベルテックス静岡 新たに1人…計13人+2次感染5人
静岡市 市内の学校部活動 新たに教員1人…計7人(生徒6人、教員1人)+2次感染3人

伊東市 知人・友人の会食 新たに4人…計26人
伊東市 学校 新たに1人…計7人
沼津市 高齢者施設 新たに1人…計10人
島田市 保育園 新たに1人…計8人
磐田市 事業所 新たに1人…計38人
藤枝市 知人・友人の会食 新たに11人…計17人
三島市 学校の部活動 新たに1人…計6人

画像2: 【新型コロナ 静岡】浜松市2日連続最多更新170人 静岡市が23人のオミクロン株感染を発表…9人は経路不明 1月15日まとめ

【オミクロン株】死亡男性のオミクロン株感染確認
静岡市はゲノム解析の結果、新たに23人のオミクロン株感染を確認したと発表しました。静岡市の累計48人です。このうち1人は、12日に公表された死亡した高齢男性です。23人のうち海外渡航歴がある人はおらず、感染経路が不明(調査中も含む)の人は9人です。高齢者は4人、未成年者は2人です。

画像3: 【新型コロナ 静岡】浜松市2日連続最多更新170人 静岡市が23人のオミクロン株感染を発表…9人は経路不明 1月15日まとめ

【浜松市】全員軽症か無症状
浜松市が発表した新規感染者172人(うち2人は市外在住)は全員が軽症か無症状(27人)です。

また、市立学校の教職員5人など計8人の市職員の感染が分かりました。教職員の学校内での濃厚接触者は現時点ではいない、ということです。

【浜松市 今年の新規感染者8割が30代以下】
 浜松市は1月1日から14日までの新規感染者690人の年代別の内訳を発表しました。それによりますと、9歳以下が46人、10代151人、20代264人、30代81人、40代78人、50代43人、60代15人、70歳以上12人です。30代以下が8割で若い世代の感染が目立っています。

 また、外国籍が230人と3分の1を占めていて、市は「情報弱者になりがちな外国籍の市民の対策として、多言語化した注意喚起の動画をホームページやSNSで発信する」としています。

This article is a sponsored article by
''.