南太平洋・トンガの大規模な火山噴火に伴う潮位の変化のため、静岡県沿岸にも津波注意報が出されています。
画像: 南太平洋火山噴火で静岡県内にも津波注意報 御前崎で最大70センチなど潮位の変化 引き続き高台などの安全な場所に避難し、海に近づかないように youtu.be

南太平洋火山噴火で静岡県内にも津波注意報 御前崎で最大70センチなど潮位の変化 引き続き高台などの安全な場所に避難し、海に近づかないように

youtu.be

 15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ沖で海底火山の大規模な噴火が起きました。その後、日本の太平洋沿岸地域で大きな潮位変化が観測され奄美群島・トカラ列島と岩手県に津波警報が出されました。(奄美群島・トカラ列島は注意報に切り替え)

画像1: 南太平洋火山噴火で静岡県内にも津波注意報 御前崎で最大70センチなど潮位の変化 引き続き高台などの安全な場所に避難し、海に近づかないように

 また、静岡県を含む広い範囲に津波注意報が出されています。県内では午前0時16分、御前崎で県内最大となる70センチ、午前0時6分沼津市内浦で40センチなどの潮位の変化を観測しています。県の危機対策課では職員4人が各地の避難情報などの収集にあたりました。

 県によりますと、津波注意報の発表を受け昨夜から今朝にかけて下田市や熱海市などで一時、17世帯24人が避難しました。

避難した女性:「家にいて、海の近くなので怖いなと思って。周りの人も逃げている人が全然いなかったが練習でもいいから1回行ってみようかなと思って来た」

画像2: 南太平洋火山噴火で静岡県内にも津波注意報 御前崎で最大70センチなど潮位の変化 引き続き高台などの安全な場所に避難し、海に近づかないように

 県内ではこれまでに被害は確認されておらず、交通機関などにも影響はみられません。気象庁は、津波警報や注意報が出ている地域では高台などの安全な場所に避難し、海に近づかないよう呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.