未明の発表に驚かれた人も…
南太平洋・トンガの大規模な火山噴火に伴う潮位の変化のため、静岡県沿岸にも津波注意報が出されました。これまでに被害は確認されていません。
画像: 南太平洋トンガ沖火山噴火で静岡県内にも一時津波注意報 御前崎で70センチなど潮位変化確認されるも被害報告なし youtu.be

南太平洋トンガ沖火山噴火で静岡県内にも一時津波注意報 御前崎で70センチなど潮位変化確認されるも被害報告なし

youtu.be

 15日午後1時10分ごろ南太平洋のトンガ沖で海底火山の大規模な噴火が起きました。

 その後、日本の太平洋沿岸地域で大きな潮位の変化が観測され気象庁は奄美群島・トカラ列島と岩手県に 津波警報を発表。

 静岡県を含む太平洋沿岸を始めとする広い範囲に津波注意報を出しました。

 静岡県内では午前0時16分、御前崎で県内最大となる70センチ、午前0時6分沼津市内浦や南伊豆町石廊崎で40センチなど、潮位の変化が観測されました。県の危機対策課では職員4人が各地の避難情報などの収集にあたりました。

 県によりますと津波注意報の発表を受け昨夜から今朝にかけて下田市や熱海市などで一時、17世帯24人が避難しました。

避難した女性:「家にいて、海の近くなので怖いなと思って。周りの人も逃げている人が全然いなかったが練習でもいいから1回行ってみようかなと思って来た」

 その後、気象庁は午後2時までに全ての津波警報と注意報を解除しましたが、今後も、海に入っての作業や釣りなど、海での活動には十分注意するよう呼び掛けています。また、県内ではこれまでに被害は確認されていません。

This article is a sponsored article by
''.