静岡県富士宮市出身で、サッカー元日本代表の澤登正朗さんが清水エスパルスユースの監督に就任することが、15日発表され16日、オンラインで監督就任会見が行われました。
画像1: ミスターエスパルス17年ぶりに古巣復帰 サッカー元日本代表・澤登正朗さんが清水エスパルスユースの監督に就任

澤登正朗さん:「2005年の引退の最終戦ですね。その時のセレモニーでいつか指導者で戻ってくると話しました。このエスパルスで指導を始めることが出来たことは、私にとって非常に大きな出来事だと思います」

 現在52歳の澤登正朗さんは清水エスパルス一筋13年、Jリーグ通算381試合に出場し85ゴールをあげ、ミスターエスパルスと呼ばれています。2005年に現役を引退後は、サッカー解説者としてサッカーの普及に貢献、2013年からは常葉大学のサッカー部で指導者としても活躍してきました。

 今回、エスパルスユースの監督に就任することで、実に17年ぶりに古巣に復帰することになります。
澤登正朗さん:「もっともっと早くチームに戻ることが出来ればという思いはずっとありました。自分でも戻りたい気持ちはずっと思っていました。このタイミングでお声を頂いたことに関しては感謝の気持ちでいっぱいです」

画像2: ミスターエスパルス17年ぶりに古巣復帰 サッカー元日本代表・澤登正朗さんが清水エスパルスユースの監督に就任

This article is a sponsored article by
''.