静岡県内では20日、新たに1050人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。初めて1000人を超え、2日連続で過去最多です。

https://youtu.be/y-Om8niEGmc

 自治体別の新規感染者数です。最も多かったのが静岡市で219人、次いで浜松市で193人、磐田市で76人、御殿場市で74人、沼津市で61人などとなっています。前日19日の877人を大きく上回って初めて1000人を超え、2日続けて過去最多を更新しました。

 病床使用率は、西部で32・9%、中部で11・5%、東部で29・1%、県全体でも24・3%と、20%を超えた状態が続いています。重症者は1人で2・1%です。自宅療養者は3830人、待機中の人は617人となっています。

 また、新たに5件のクラスターが発生しました。これまでに判明している感染者の数は▼いずれも伊東市の高齢者施設で10人と5人、▼清水町と沼津市の学校で10人と6人、▼御殿場市の陸上自衛隊板妻駐屯地で6人です。

静岡市過去最多の219人 清水病院の職員感染でスタッフ120人検査

 静岡市の新規感染者219人は、去年8月25日の161人を上回って市としても過去最多です。市は、葵消防署の隊員と市立清水病院の職員、都市計画事務所の職員の合わせて3人の感染を発表しました。清水病院では濃厚接触者はいませんが、接触の可能性があった患者・スタッフ120人のPCR検査を進めていて、このうち92人が陰性だったということです。

画像: 静岡市過去最多の219人 清水病院の職員感染でスタッフ120人検査

浜松市193人感染 6割が20代以下

 浜松市では新規感染者のおよそ6割が20代以下で、依然として若者の感染が目立っています。また市立学校の教員3人と消防職員1人の感染が分かっています。

画像: 浜松市193人感染 6割が20代以下

This article is a sponsored article by
''.