冬の北京オリンピックにフリースタイルスキー・モーグルの日本代表として出場する杉本幸祐選手の特別展が、地元の静岡県袋井市で開かれています。
画像: W杯で着用のグローブやヘルメット、ゴーグルなど展示 北京オリンピック・モーグル代表の杉本幸祐選手の特別展 静岡・袋井市 youtu.be

W杯で着用のグローブやヘルメット、ゴーグルなど展示 北京オリンピック・モーグル代表の杉本幸祐選手の特別展 静岡・袋井市

youtu.be

 袋井市役所1階ロビーの展示コーナーには、杉本選手が今シーズンのワールドカップで実際に着用したグローブやヘルメット、ゴーグルなどが展示されています。

 杉本選手はメッセージを寄せ、「袋井南小学校時代からの夢であるオリンピックの切符を手にすることができました。精いっぱい、恩返しの滑りをしていこうと思います」と地元への感謝をつづっています。

 特別展は北京オリンピックが閉幕する2月20日まで開かれています。

This article is a sponsored article by
''.