感染の急拡大が続く中、あすからまん延防止等重点措置が静岡県内でも適用されます。具体的な制限内容などがきょう正式決定し、川勝知事は県民に理解や協力を求めました。

きょう対策本部を招集

静岡県への「まん延防止措置」適用が決まったことを受け、川勝知事は午後1時から、県幹部や専門家らが出席する対策本部会議を招集しました。

県コロナ専門家会議 
倉井華子座長:「オミクロン株による新型コロナの未曽有の感染拡大により、病床占有率は、県全体で30%を超え、県西部・東部では40%を超えており病床のひっ迫が始まっています。国の評価レベル分類も、近々レベル3に引き上げざるを得ないと考えています」

画像: まん延防止措置を静岡県が詳細決定 飲食店の時短営業や外出自粛など 川勝知事が協力呼びかけ youtu.be

まん延防止措置を静岡県が詳細決定 飲食店の時短営業や外出自粛など 川勝知事が協力呼びかけ

youtu.be

 専門家会議からの提言などを踏まえ、知事は静岡県の要請内容を決定しました。その内容は、飲食店の時短営業や酒類の提供制限、感染リスクの高い場所への外出自粛要請など先行して適用された東京都の要請に近い、厳しいものでした。

川勝平太知事:「きのう政府において本県のまん延防止等重点措置の適用決定された。私たちは本県の医療提供体制を維持し県民の命を守るとともに、社会全体への影響を最小限とするため急激な感染拡大を抑止し全力で取り組む必要がある」

行動制限や感染防止対策を要請

そして午後2時、川勝知事は、決定した県民への要請内容を説明するため記者会見を開きました。

画像: 行動制限や感染防止対策を要請

川勝平太知事:「あす27日(木)から2月20日(日)までの25日間、県内全域を対象として、県民・事業者の皆様にまん延防止のための行動制限や感染防止対策の要請をすることとなった。飲食店の皆様には営業時間の短縮、また酒類の提供自粛等要請することとなる。飲食店だけが感染源になってるわけではありません。いや、むしろ1月1日から25日までクラスターは全82件、感染した数は1149人となっているが、全体82件、1149人のうち飲食店絡みはクラスターで1件、そして7名ということだ。
 これは飲食店の皆様方がさまざまな感染対策をとっているということなので、これは飲食店がまん延防止の時には対象になるけれども、飲食店の関係者の皆様方の名誉のために、また敬意を表してこの点は強調しておきたいと存じます。
 なおふじのくに安全安心認証店の皆様には、営業時間と酒類の提供について選択できるようにした」

 感染対策をした認証店では、酒類を提供する場合は営業時間を午後9まで、酒類を提供しない場合は午後8時までとして後者の方の協力金を手厚くしました。認証を受けていない店は、午後8時までで酒類を提供しないよう要請しました。

飲食店へのメッセージ

画像: 飲食店へのメッセージ

川勝平太知事:「あの飲食店それ自体の利用をですね、やめてくださいってものではありません。飲食店の方々のところにお客様の足が遠のくという面はあるかもしれませんが、それは全体として人流を抑制するという、そういう目的の為だということでございますので。恐縮ですけれども、ご理解いただきたいと言うのが、飲食店の皆さん方への私からのメッセージであります」

 また、県民に対しては、混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出自粛、不要不急の県境をまたぐ移動の自粛を要請。ほかにイベントの人数制限なども発表しました。

懸案の教育現場へは…

クラスタ―が多発している教育現場については…。

川勝平太知事:「一番多いのが、クラスターとしては学校や保育施設なんですねですから、もうクラブ活動は大いに制限して頂けなきゃいかんと。(感染者数は)10歳から19歳が1117例26%と、一番多い。20歳から29歳が18%と落ちます。30歳から39歳が13%落ちます。言い換えると、10歳から19歳、小学校、中学校、高校といったところが一番多いと言うことがあるので、部活動もそのうちの一つということだ。授業をずらすとか、あるいは分けるとか、様々な工夫ができると思う」

保健所機能維持のための方針

画像: 保健所機能維持のための方針

また保健所の機能を維持するため、濃厚接触者の特定(積極的疫学調査)の対象範囲を今後は感染者の家族や、医療機関・福祉施設などに絞り、それ以外の事業者は感染者が確認された場合は、濃厚接触者の特定を事業者自ら行うことに変更する方針も示されました。

川勝平太知事:「保健所の機能をしっかりしようということで、これも先週あたりから専門職員が22名、プラス一般職員で応援職員を68名、それからああ、この30市町の中から20人でまして、10名は目下確保しているということだ。これをしっかり応援することを通して、保健所機能を崩壊することのないようにしたい。お医者様に迷惑かからないようにしたい」

This article is a sponsored article by
''.